1. TOP
  2. ミナトBLOG

宮城県からマークX GRX121。  モデリスタスーパーチャージャーにDSC。 ATF交換にはNC-65。

s-IMG_6262

 

 

 

東北の宮城県多賀城市からお越し頂きました。

 

トヨタ マークX GRX121

モデリスタ スーパーチャージャー3GR

走行距離19万キロ

 

 

 

 

 

・DSC(ドライアイス・ショット・カーボンクリーニング)

・ATF完全圧送式交換 for NUTEC NC-65

・その他オプション整備フルセット

 

のご依頼ありがとうございます。

 

 

s-IMG_6179

 

 

今回の入庫は弊社最長来店距離を少し更新し、

今まで一番遠い地域からの来店ですね。

http://securityfeed.info/blog/?p=10775

 

 

 

さすがに自走ではかなり長距離になるため、

最近利用が多い(陸送プラン)で入庫となりました。

 

 

個人宅から弊社までになると結構高額な定価料金ですが、

最寄の陸送営業所~弊社なら業者間料金が適応されるため

少し安価になります。

 

(個人宅への引き取り・納車は手間が掛かるようで割高です。)

 

 

 

 

 

それを適用しても宮城県からの往復となると、

それだけでなかなかの金額にはなりますが・・・。

 

(高速費・ガソリン費・体力などを考慮するとお値打ちかも??)

 

 

s-IMG_6288

 

 

 

熱い期待を感じながら

まずはスーパーチャージャー付3GR-FSEの

DSCから始めます。

http://securityfeed.info/dsc/ 

 

 

 

 

直噴ガソリンエンジン特有の

インテークバルブへのカーボン(煤)蓄積に

S/Cが合わさると結構酷かったような。

(過去に同エンジンを数台作業済み。)

 

 

 

 

s-IMG_6201 s-IMG_6206

 

 

アルミ製のスーパーチャージャー水冷式サージタンク分解し、

各アルミ吸気ダクトもサクサク外します。

 

 

6個の穴が開いたスワールコントロールバルブが見えましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6208

 

スワールCバルブを外すと、

12個のインテークポートも見えました。

 

 

それではポート内径とバルブの状態を確認しますね。

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6209 s-IMG_6210 s-IMG_6211 s-IMG_6212 s-IMG_6213 s-IMG_6214 s-IMG_6215

 

 

 

・バルブシャフトにカマキリ卵状のカーボン蓄積。

・バルブ傘部にも分厚いカーボン固着。

・ポート内径にはビッシリと煤の厚い層。

 

ガッチリ固着し

手作業での除去はほぼ不可能。

(時間の掛かるO/H以外)

 

 

 

煤がカッチカチに固まっていますね。

 

 

s-IMG_6218

s-IMG_6220

 

そこで登場するのが

ドライアイスの特性を利用したドライアイス洗浄機。

 

 

エンジンにノーダメージで

短時間に完璧に除去します。

 

 

s-IMG_6224

 

 

市販のドライアイス洗浄機だけでは、

キレイにならないんですよ~。

 

 

 

いろんな諸問題をクリアし

独自開発したDSC専用特殊ノズルを装着すれば、

DSC作業が出来るのです。

 

 

 

s-IMG_6219

 

ボディやエンジンルームが汚れないように完全防備。

 

3M社製の高性能マスカーは

油分・水分・溶剤等は通さない優れもの。

(ガッチリガードしますね。)

 

 

 

 

s-IMG_6225 s-IMG_6227 s-IMG_6229 s-IMG_6230

 

軽~くワンショットすれば、

ペレットが直撃した部分だけキレイに剥離。

 

・ペレットを圧縮空気で高速噴射。

・熱収縮と昇華爆発力。

 

 

非常に柔らかいドライアイスペレットの

特性を利用しているので、

母材金属やシール類にはダメージが残らないのですよ~。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6231

 

 

深さ15cm直径4cmのポート内径と

奥底にあるバルブもキレイにします。

 

 

もちろんバルブは全閉状態でショットします。

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6233 s-IMG_6234 s-IMG_6235 s-IMG_6237 s-IMG_6232

 

 

完璧にキレイになりましたね。

アルミ素地がむき出しになりピカピカ。

 

 

6気筒12ポート全て作業します。

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6247 s-IMG_6244

 

 

スワールCバルブもDSCで洗浄し、

サージタンクは洗浄剤で

ブローバイオイルを洗い流します。

 

 

 

 

S/C付の場合はノーマルに比べて

ブローバイオイルの流入が多いですね。

 

 

s-IMG_6245

 

3GR用のガスケットとモデリスタS/C用のガスケツト。

 

モデリスタS/Cのガスケットが5点中1点だけ

恐ろしく高額なのでチョットびっくりしますけど・・・。

 

 

どんな値段設定なのか?よく分からない。

(普通の丸いゴムオーリングなんですけど・・・・。)

(他のモデリスタG/Kと一桁円違うのはなぜ??)

 

 

 

 

s-IMG_6255 s-IMG_6252 s-IMG_6256

 

 

DSCのオプション整備 スパークプラグ交換。

 

 

エンジン上部に覆いかぶさるサージタンクを外さないと、

交換出来ない構造なのでDSCと同時の方が工賃がお得です。

 

 

高性能長寿命のNGK イリジウムMAXで交換しました。

 

 

スロットルを清掃し

エンジンを始動して完全暖機、

 

学習値を初期化再学習しました。

 

 

 

 

 

 

 

s-スワール

 

 

直噴ガソリンエンジンのカーボン蓄積や、

その洗浄作業は海外では結構メジャーです。

 

その海外でも作業しているのは

比較的浅く広いインテークポートのエンジンばかり。

 

(VW・BMW・アウディなど)

(あまりキレイな仕上がりではないかな?)

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6233

 

ここまで深く狭いGR系のインテークポート&バルブを

完全洗浄しているのは調べる限り弊社だけでしょう。

 

 

 

 

ドライアイス洗浄ならここまで作業後の画像を

お見せ出来るのです。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6138 s-IMG_6141 s-IMG_6142 s-IMG_6144

 

 

次はATF交換。

 

まずは下準備として

オイルパンを外しストレーナーを交換します。

 

 

 

 

s-IMG_6145 s-IMG_6147

 

 

オイルパンは洗浄して

磁石の鉄粉も除去。

 

ガスケットも交換しますね。

 

 

 

s-IMG_6152

 

 

オイルパンを組み立てATFを補充し

暖機後に専用アダプターを装着します。

 

 

弊社オリジナルのアダプターがあれば、

密封式ATでも交換効率の高い圧送式交換が可能です。

 

 

トヨタ・レクサスの密封式ATを弊社が日本で最初に

ATF圧送式交換をしたのは、かれこれ数年前。

 

 

 

ありがたい事に何百台と作業した実績を見て、

近郊だけではなく遠方からも依頼を頂ける様になりました~。

http://securityfeed.info/blog/?cat=8

 

 

 

 

次はプレ洗浄。

 

アイシンAFW+でイッキに全量を圧送式で交換します。

 

 

 

 

s-IMG_6154 s-IMG_6158 s-IMG_6161 s-IMG_6163 s-IMG_6165 s-IMG_6178

 

やっとここまでキレイになりました。

 

新油と比べるとマダマダですが、

廃油と比べるとかなりキレイになりましたね。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6176

 

本命ATFはNUTEC ニューテック 『NC-65』

全化学合成ハイパフォーマンスATF(エステル系)

 

NUTEC最高峰にして市販ATF最強のATF。(だと思います)

 

 

 

 

強靭な油膜性能と微細化されたオイル分子構造。

ローフリクション・ハイパフォーマンス。

耐熱性が非常に高くATFのロングライフ化にオススメですね。

 

 

ただ非常に高額です・・・。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6180

 

 

NC-65に入れ替えて、

もう一度圧送式交換します。

 

 

 

 

s-IMG_6183 s-IMG_6186 s-IMG_6188 s-IMG_6190 s-IMG_6193 s-IMG_6194

 

 

きれいに入れ替わりましたね。

 

 

注意

NC-65は薄緑色のため色味が弱いです。

AFW+の赤色に干渉されるため色までは入れ替わりません。

 

 

 

最後に規定温度でレベル調整しました。

 

 

 

s-IMG_6286

 

 

試運転をして

その他のオプション整備を始めるのですが・・・。

 

 

 

 

実は入庫前の試運転時からの異音が気になり、

オーナーさんにTEL連絡しました。

 

『作業は順調に進んでいるのですが、

足回りからの異音(サー?ザー?)はご存知ですか?』

 

 

 

 

 

 

事情をお聞きし、まとめるとこんな感じ。

 

・実は震災で下周りが水没している。

・地元ディーラーで点検しても異音を解決してくれない。

・車体全体をリフレッシュしたいが、やはりディーラーでは買い替えを薦められる。

 

 

(気に入っている車両なので何とか出来ないでしょうか?)と

逆にご相談がありましたので

 

弊社がオススメしている(リフレッシュプラン)

をしませんか?とお話しました。

 

 

 

 

 

 

こんな感じで話が進み、宮城県から陸送入庫したので

このままリフレッシュプランに移行する事になりました。

 

 

他の予約済み作業もあるので、

お預かり期間は1ヶ月。

 

 

次回ブログではその作業内容をご紹介しますね。

それではお楽しみに~。

 

Happy Car Life!!

 

 

 

2017年7月28日

new religious movies

www.biceps-ua.com/cities/c-tabak-dlya-kalyana

このページのトップへ