1. TOP
  2. ミナトBLOG

直噴ガソリンもクリーンディーゼルもDSCで煤除去作業。  3台連続は少し疲れましたね~。

s-IMG_6057

 

 

DSC(ドライアイス・ショット・カーボンクリーニング)

http://securityfeed.info/dsc/

 

 

 

数年前に弊社が独自開発したオリジナル整備で、

そもそも世の中には存在しない作業でしたが

 

このブログを見て頂いた方からの反響は大きく、

おかげさまで多くの車両を作業させて頂きました。

 

 

全作業台数の一部ですがどうぞ。

http://securityfeed.info/blog/?cat=169

 

 

 

 

 

この作業の難点はDSC特殊ガンは非常に重く、

作業者の体力消耗が激しくヘトヘトになるのが常です。

 

 

高温多湿の梅雨の時期に3台連続DSCを施工した

この1週間はなかなか疲れました~。

 

 

 

 

s-IMG_6037

 

 

大阪府堺市からはクラウン GRS182

ガソリン直噴エンジン3GR-FSE

 

 

直噴インテーク系にカーボンが蓄積するのは、

すっかり有名になりましたね。

 

 

 

 

 

s-IMG_6038 s-IMG_6039 s-IMG_6040

 

サクサクとインテーク系を分解し、

インテークポート・インテークバルブを確認します。

 

 

 

s-IMG_6042 s-IMG_6045 s-IMG_6046 s-IMG_6048 s-IMG_6049 s-IMG_6050

 

 

カッチカチに固着したカーボン(煤)が

インテークバルブ傘部に蓄積していますね。

 

 

またインテークポート内径にも

手前から奥までビッシリ蓄積しています

 

 

 

 

①ドライアイス洗浄特徴s-IMG_5853

 

 

指で潰せるほど脆いドライアイスペレット。

 

 

グリーンテックJ社のドライアイス洗浄機と

DSC専用特殊ノズルを使用して

短時間でエンジンにノーダメージで完全除去します。

 

 

 

s-IMG_6059 s-IMG_6061 s-IMG_6062

 

 

軽く数秒ショットしてこんな感じ。

 

ドライアイス3mmペレットが直撃した部分だけ

キレイに剥離していますね。

 

 

 

s-IMG_6063 s-IMG_6064

 

 

たまにはこんな塊も飛び出てきます。

 

十円玉と比較すると

どれぐらい大きいか?は分かりやすいですね。

 

 

s-IMG_6066 s-IMG_6067 s-IMG_6068 s-IMG_6069 s-IMG_6070

 

ショットを繰り返して

最終的にはここまでキレイに洗浄しました。

 

 

深さ10cm 径3cm のインテークポート

ココまで洗浄するのは手作業では難しいと思います。

 

 

 

s-IMG_6051 s-IMG_6052 s-IMG_6053

 

オプション整備のスパークプラグ交換と

LLC圧送式交換も同時に行いました。

 

 

スロットルボディも清掃し、

初期化・再学習をすれば完成です。

 

 

 

s-IMG_5887

 

 

埼玉県 春日部ナンバーのCX-5は、

スカイアクティブ2.2D搭載のクリーンディーゼル車。

 

 

 

先ほどのガソリン直噴とは違う理由で、

インテーク系にカーボンが蓄積するのですよ~。

 

 

s-IMG_5823 s-IMG_5824 s-IMG_5825 s-IMG_5826

 

 

インテークマニホールドを分解して

カーボン(煤)の蓄積具合を確認します。

 

 

s-IMG_5827 s-IMG_5828 s-IMG_5833

 

 

走行距離は5万キロ。

距離にしては蓄積は少ない方ですね。

 

 

 

新車時からのトルクフルなフィーリングが鈍ってくると、

違和感に気が付く方も多いようですよ~。

 

 

 

 

s-IMG_6035

 

愛知県名古屋市からも

マツダ CX-5 2.2D

 

 

 

走行距離は8万キロで同じくDSCで入庫しました。

 

 

s-IMG_5961 s-IMG_5968 s-IMG_5969 s-IMG_5970 s-IMG_5972 s-IMG_5974 s-IMG_5977

 

 

煤へのオイル付着が多いようで、

手作業でキレイにするのはほぼ無理でしょう。

 

 

表面はベッタベタのドロドロで

なおかつ深部はカチカチになっています。

 

 

 

s-IMG_5983 s-IMG_5984 s-IMG_5986 s-IMG_5987 s-IMG_5989 s-IMG_5990

 

 

ポートの入り口に煤が蓄積しすぎて、

カメラのピントが合わないですね。

 

 

シリンダヘッドポート側の

煤蓄積量は酷い状態です。

 

 

 

s-IMG_5848 s-IMG_5851

 

 

3M社製の高性能マスカーで完全防備し、

DSCで除去開始します。

 

 

 

s-IMG_5992 s-IMG_5993 s-IMG_5994 s-IMG_5996

 

 

軽く数秒ショットすると、

やっとピントが合いました。

 

 

 

埋もれていたインテークバルブも見えてきましたね。

完全除去するようDSCを続けま~す。

 

 

 

奥深くにあるインテークバルブ傘部も

もちろんキレイにします。

 

 

 

s-IMG_5997 s-IMG_5999 s-IMG_6000 s-IMG_6001 s-IMG_6004

 

ペレットを打ち込んだ後の煤は

どこに行くのですか?とよく質問をされます。

 

 

 

 

1気筒づつ圧縮上死点にセットすると

インテークバルブは全閉になります。

 

すると燃焼室への入り口は閉まり、

インテークポートの通路は行き止まりになります。

 

イメージでいうと試験管の内側が煤だらけで、

一番底にカチカチのカーボンが固まっているようなものです。

 

 

 

 

高速噴射されたドライアイスが衝突すると

煤が一気に剥離するのですが、

出口が一箇所しかないので手前に噴出してきます。

 

 

 

燃焼室には煤やドライアイスは行かないので、

エンジンを壊したり損傷を与えたりはしないのですよ~。

 

 

 

s-IMG_5860

 

ちなみにこの画像は撮影用のノズルです。

 

 

完全非公開のDSC特殊ノズルは数種類あり、

こればっかりはお見せ出来ないのでスミマセン。

 

 

 

 

s-IMG_5877 s-IMG_5878 s-IMG_5879 s-IMG_5880 s-IMG_5882 s-IMG_5881

 

 

インテークマニホールドや吸気シャッターバルブ。

EGRバルブなども全てDSCでキレイにしました。

 

 

 

サンドブラストや温水高圧洗浄などは、

精密機械の吸気シャッターバルブ等を洗浄する事は出来ません。

 

ドライアイス洗浄は跡が残らず、

母材も傷付けないので安心してショットが出来ます。

 

 

 

 

 

ガスケットは再利用ですか?とも聞かれるのですが、

こちらも純正新品ガスケットで

もちろん交換していますよ~とお伝えしています。

 

 

 

 

 

s-IMG_5965 s-IMG_5980 s-IMG_5981

 

オプション整備のインタークーラー洗浄。

 

煤が固着する原因の一つに、

ブローバイからのオイル流入があります。

 

EGRの煤と吸気のオイルとが合流すると、

インテークマニホールド周辺で固着が始まるのです。

 

 

 

 

洗浄液でオイルを洗い流し、

新品ガスケットを使用して再装着。

 

作業後には各学習値を初期化して、

インジェクターの補正学習も行います。

 

 

 

 

納車後に走り出せばスグに違いが分かるでしょう。

新車時のあの感覚を思い出すのではないでしょうか。

 

 

 

 

s-IMG_6033

 

 

直噴ガソリン車ならアイドリング時の微振動や

加速時吹け上がり等のフィーリング低下。

 

 

クリーンディーゼル車なら燃費悪化・レスポンス低下。

 

 

 

今の車両はなかなか壊れにくくはなっていますが、

繊細な制御をしているので想定外の部分が汚れると、

案外不調を起こすのですね。

 

 

 

ただエンジンが止まるわけでもなく、

チェックランプが点灯するわけでもないので

気が付いていない方も多いのでは?と思いますよ~。

 

 

 

 

 

DSCの御見積・ご予約等は

HP(お問い合わせフォーム)からお待ちしています。

 

遅くても2日以内には返信していますので、

もし返信がない場合は再度お連絡を頂けると助かります。

 

 

それではHappy Car Life!!

 

 

 

 

 

2017年7月8日

合宿免許

profvest.com

このページのトップへ