1. TOP
  2. ミナトBLOG

スズキ車のATF交換    一度リセットしませんか?

兵庫県 姫路市 からお越しの
MRワゴン 66800km走行
s-CIMG7467.jpg
s-CIMG7489.jpg
ATF交換を依頼の
メールを何度かやり取りし
予約来店していただきました。  
(遠い所から来ていただき、ありがとうございます。)
スズキのATは圧送式では
交換出来ないのが多くて
オイルパン脱着、洗浄してからの
循環式交換になります。
s-CIMG7465.jpg
ATF交換をしない派の理論は
尊重しますが
私は ぜひぜひオススメ派 ですよ。
(ただし正しい方法でトルコン太郎を使用すると条件がつきますが。)
特に
AT内部に蓄積した
新車からのスラッジ、鉄粉を
一度リセット
これがATの良い状態を保つ秘訣なんですよ。
オイルの劣化       パフォーマンス低下。
スラッジ、鉄粉などの蓄積    バルブボディーの故障原因。
このようにざっくり考えていただいた方が
交換の必要性を理解しやすいと思います。
s-CIMG7463.jpg
この車両は鉄粉も少なく
良好 ですね。
でも確認の為に外します。
s-CIMG7468.jpg
このタイプのATは
オイルパン液体シールガスケット
メッシュストレーナーは洗浄の為
部品代が掛かりません。
脱着工賃も圧送式とそんなに変わらないので是非ご利用くださいね。
s-CIMG7458.jpg
ここからATF交換していきますね。 
(すでに試運転、コンタミチェックから2時間経過)
オイルパンがキレイなので
循環式でもスラッジを
舞い上げる心配がないですよね。
今回は
アイシン AFWプラス
規定容量より少し多めの
8ℓ使用します。
s-CIMG7460.jpg
s-CIMG7473.jpg
s-CIMG7476.jpg
s-CIMG7484.jpg
これでほぼ新油と入れ替わりました。
あとは最終試運転と
ATF油量調整をして
作業完了です。
ATFは
違和感のある変速ショックが出てきたら
交換するのではなく、
そうなる前にする作業なんですよ。
しかも
簡易な交換方法ではなく
丁寧なかつ正しい交換方法 なら
4万キロに1回のペースで
大丈夫です。
当社で過去に
この循環式交換された車両は
次回3万キロ以内なら
オイルパン脱着は省くので
その分グッとお安くなるんですよね~。
WAKO’S RECS キャンペーン 実施中
 軽 ~1500cc ¥4200      
   ~2000cc ¥5250 
   ~2500cc ¥5775 
   ~3000cc ¥6200 
   ~4000cc ¥7350 
絶賛施工中!!
s-無題
ATF交換RECS同時施工なら       
WAKO’S FUEL1 (フューエルワン) 
                 
1本プレゼント

s-CIMG7161.jpg
s-CIMG6711.jpg
s-CIMG6717.jpg
s-RIMG0946.jpg

2012年8月5日

best amazon prime comedies

best streaming movies

このページのトップへ