1. TOP
  2. ミナトBLOG

アイシス ANM10 リフレッシュプラン。 1AZ-FSE 直噴エンジンのカーボン除去作業。 微振動の原因は?

大阪府南部からお越し頂きました。

 

トヨタ アイシス ANM10G

走行距離 100,000km

 

 

リフレッシュプランのご依頼です。

 

 

・暖機後の加速時に微振動。

・ハンドルを切ると微振動。

 

 

ディーラーさんにてスパークプラグを交換しても改善せず、

足回りの劣化も気になりだしたので、

弊社の提案型整備リフレッシュプランをご相談されました。

http://securityfeed.info/blog/?p=12375

 

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

s-IMG_3224

 

 

 

問診をさせて頂いてから、まずは試運転。

 

 

振動や異音等を確認するのですが、

あまりにもノイズが多く判別不能・特定不能。

 

 

・サスペンション劣化でのノイズ。

・タイヤからのロードノイズ。

・エンジンからメカニカルノイズ。

・信号待ちのDレンジでは車体が震えるような振動。

 

 

10万キロの車両にしては結構ノイズが酷いですが、

でもこの車両ではよくある症状ですね。

 

 

s-IMG_3232 s-IMG_3233

 

 

電子制御スロットルボディを清掃し、

学習値を初期化。

 

 

それでも症状は改善せず、

やはりアレが原因でしょうかね。

 

 

 

 

s-IMG_3229

 

 

トヨタ 1AZ-FSE D-4直噴ガソリンエンジン 2000cc

 

搭載されている車種は

ノア/ボクシィー ウィッシュ アイシス などなど。

 

 

早い車両なら7万キロぐらいから振動が増え、

10万キロも使用すればビリビリ・ゴロゴロと異音を発生し、

エンジン回転数は安定せず、燃費も悪い。

 

 

 

 

このエンジン搭載する車種特有の

あるある症状ですね。

 

 

 

s-IMG_3225 s-IMG_3226

 

作業前にアライメントを測定して、

足回りのコンディションをチェック。

 

 

大幅なトゥアウトは

今までアライメント調整をしていなかった証拠ですね。

 

 

今回はサスペンションのリフレッシュが必要でしょう。

 

 

 

s-IMG_3188 s-IMG_3235 s-IMG_3236 s-IMG_3238 s-IMG_3246

 

 

 

排気ガステストで燃焼状態をチェックし、

スキャンツールでライブデータを観察。

 

タイヤを外して下回りの点検。

 

・ウォーターポンプからのLLC漏れ。

・ブレーキの機能劣化・低下。

・サスペンションブッシュの破損等。

 

 

 

車両全体を診断し

予算に合わせた整備プランを提案しました。

 

 

 

 

 

結論から言いますとエンジンを降ろして、

根本的な所から改善するプランニング。

 

 

順番に紹介しますね~。

 

 

 

s-IMG_3668

 

1AZ-FSE 直噴エンジンは

インテークバルブ・インテークポートに、

直噴特有のカーボンデポジットが蓄積します。

 

 

 

これを除去するにはオーバーホールするか?

 

弊社オリジナル整備のDSCのどちらかですが、

オーバーホールでは予算的に合わない。(結構高額)

 

 

 

 

しかも1AZ-FSEはインテークの向きが後ろ向き。

 

ワイパーのガーニッシュに埋もれて、

全く見えないインテークサージタンク。

 

 

エンジンとバルクヘッド壁との隙間がほぼ無いので、

DSCをしたくても作業スペースが無いのです。

 

 

 

 

 

s-IMG_3394 s-IMG_3399

 

 

 

 

そこで昇降式電動テーブルリフトで

サブフレーム等の5箇所をホールドし、

サクサクッとエンジンとミッションを降ろします。

 

 

 

 

今回のプランにはDSC以外にも

W/P・ロアアーム・シール・ガスケット類を多く交換するので、

エンジンを降ろした方が経済的で作業が早い。

 

 

個別にバラバラに交換するより

エンジンが降りている時の方が、

各工賃が大幅に安くなる。

 

 

車両総合的に整備するリフレッシュプランの利点を活かします。

 

 

 

10万キロ走行した車両を

DSCの為だけにエンジン脱着は

モッタイナイのですよ~。

 

 

s-IMG_3401 s-IMG_3405 s-IMG_3406 s-IMG_3407

 

 

 

EGRバルブや樹脂製サージタンク、

スワール・コントロールバルブなども分解。

 

 

 

 

s-IMG_3410

 

 

 

それではインテークバルブとポートを覗いてみますね。

 

 

 

 

 

s-IMG_3411 s-IMG_3412 s-IMG_3413 s-IMG_3415 s-IMG_3416 s-IMG_3417

 

 

 

トヨタ D-4 GRエンジンと同じように、

バルブ傘部とポート内径にビッシリ蓄積していますね。

 

 

 

これでは空気の流れが悪くなり、

シリンダー内での燃料攪拌が低下するでしょう。

 

 

混合気にならず完全燃焼せず、

煤が出てパワーダウン。

 

 

 

s-IMG_3421

 

 

AZ系エンジンの吸気ポートは非常に狭~く深いです。

 

 

望遠レンズのデジカメ撮影すると、

圧縮効果でそんなに深いようには見えないと思いますが・・・・。

 

 

 

 

 

s-IMG_3489

 

 

 

直径は十円玉より少し大きいぐらいで、

ポートの深さは約15cm。

 

 

狭く細く深いので

手作業でのカーボン除去はほぼ不可能。

 

 

 

(参考)

レクサス・トヨタ GRエンジンは深さ約10cm。

VWパサートの直噴エンジンは5cmぐらい。

マツダ sky-D 2.2D は深さが8cmぐらいかな。

 

 

 

AZ系エンジンは結構深い部類でしょう。

 

 

 

 

s-IMG_3466 s-IMG_3468 kkkk

 

 

DSC(ドライアイス・ショット・カーボンクリーニング)

http://securityfeed.info/dsc/

 

 

ドライアイスの昇華爆発力と熱収縮を利用し、

ドライアイス洗浄機でキレイに除去します。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_3502 s-IMG_3469 s-IMG_3470 s-IMG_3472 s-IMG_3473

 

 

1気筒づつ圧縮上死点にセットして

軽く数秒DSCショットすれば、

強固に固着したカーボン片が剥離します。

 

 

 

ドライアイス3mmペレットが直撃した部分だけ、

キレイに剥離しましたね。

 

 

もちろんエンジンにはノーダメージです。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_3488

 

 

まれにこんな塊で飛び出すので、

どれだけ酷いか分かると思います。

 

 

 

それではキレイになるまで

ショットを繰り返します。

 

 

 

 

 

s-IMG_3491 s-IMG_3493 s-IMG_3494 s-IMG_3495

 

 

4気筒8ポートすべてキレイに除去しました。

 

ガスケットを交換して組み立てますね。

 

 

 

深すぎるポートは撮影が難しいですね~。

ピントが合い難く大変でした。

 

 

s-IMG_3400 s-IMG_3449 s-IMG_3454

 

 

こんな状態ならボルト・ナットを数個外すだけで、

簡単に交換できるので作業が早い。

 

ウォーターポンプASSYや

クランクフロントシールも交換しました。

 

 

s-IMG_3435 s-IMG_3437 s-IMG_3440 s-IMG_3447 s-IMG_3448

 

 

車上整備ではやりづらいE/Gマウントインシュレーター交換も、

サクサク外して全4点を交換しました。

 

 

スタビブッシュも交換します。

 

 

 

 

s-IMG_3462 s-IMG_3512 s-IMG_3517

 

 

サーモスタッドや

ヒーターホース類も同時に交換。

 

 

 

 

s-IMG_3433 s-IMG_3429 s-IMG_3458 s-IMG_3500

 

 

ガスケットやパッキンシールも、

エンジンが降りた状態なら簡単ですね~。

 

 

 

s-IMG_3461 s-IMG_3580

 

 

 

 

この後サスペンションを一新するので、

この段階でロアアームASSYも左右交換。

 

リアブッシュは亀裂が大きくなっていましたね。

 

 

s-IMG_3582 s-IMG_3670

 

 

エンジンを車体に載せて、

元の状態に組み立てます。

 

 

LLCもラジエターリフレッシャーで圧送式交換。

 

 

エンジンを始動して暖機、

スキャンツールでライブデータを確認。

 

 

 

 

まだ足回りは切り離した状態なので、

とりあえずエンジン側は終了しました。

 

 

 

次回ブログでは引き続いてアイシスの、

サスペンション一新とCVTF圧送式交換を紹介しますね~。

 

 

HAPPY CAR LIFE!!

 

 

 

(追記)

納車後のレビューでは振動が全く無くなり、

燃費は1~2km/Lほど伸びたようですよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年5月14日

retractable gates for stairs

new amazon prime movies

baden-medservice.com/kliniki-germanii/klinika-serdechnososudistoj-hirurgii/

このページのトップへ