1. TOP
  2. ミナトBLOG

予防整備     噴射ポンプに出来る事。

気が付けば
梅雨明けですか。
これから2か月ほど
暑い時期がつづきますね。
熱中症にご注意を。
s-R0012058.jpg
車検整備のキャンターです。
消耗品などを前回の交換歴から
計算して交換していくのですが
なるべく大きな故障ならないように
規定より早めのサイクル
交換している部品もあるんですよ。
s-R0012057.jpg
ディーゼルの新排気ガス規制で
燃料噴射ポンプがコモンレール化(超高圧噴射)
されるようになりました。
排気ガスのクリーン化には
必要なんですが
噴射ポンプが壊れると
かなり高額になるんです。
s-R0012052.jpg
そのためには
良質の軽油をいれるのはもちろんですが
燃料フィルターもこまめに交換したほうが
良いんですよ。
新旧のフィルターを比べると
まめに交換していても
こんなに汚れていますね。
s-R0012055.jpg
WAKO’S フューエルワン
2本投入して燃料ラインのリフレッシュをしてみました。
燃料ポンプ関係にしてあげられる事は
これぐらいしかありませんが
廃車まで頑張ってほしいですね。

2012年7月16日

also read steroid-pharm.com

look steroid-pharm.com

baden-medservice.com/

このページのトップへ