1. TOP
  2. ミナトBLOG

レジアスエース(ハイエース) KDH201V  リフレッシュプラン。  目指せ50万キロ!!

s-IMG_2793

 

 

兵庫県神戸市からお越し頂きました。

 

レジアスエース(ハイエース) KDH201V

H20年式 走行距離25万キロ

 

 

リフレッシュプランのご依頼です。

 

メールからのご予約から日程を決めて

来店して頂きました。

 

 

 

 

 

普段のメンテナンスはオイル交換ぐらいで、

一度全体を診てほしい。

 

そんな依頼内容から始まった今回のリフレッシュプラン。

 

 

 

ある年数・ある程度の走行距離が経過した車両を、

一旦リセットするつもりでしたら

ぜひリフレッシュプランをご利用くださいね。

 

 

 

 

 

まずは問診と試運転。

 

ある程度状況を把握してから、アライメントを測定。

 

アライメント数値から足回りの劣化度や

コンディションを判断します。

 

 

 

s-IMG_3219 s-IMG_3215 s-IMG_3216

 

 

そこからリフトアップしてタイヤを外し、

各箇所を点検していきますね。

 

 

・アーガス社バッテリーアナライザー

・インターサポート社 スキャンツール G-SCAN

 

 

デジタル機器を使用した診断点検と、

アナログ的な目視・分解点検。

 

どちらも大事だと思います。

 

 

 

s-IMG_2807 s-IMG_2808 s-IMG_2809 s-IMG_2805 s-IMG_2810

 

 

 

テスターやスキャンツールでの点検と、

目視や分解での点検から

 

必要かつオススメの整備プランを提案しました。

 

 

お客様と相談の上、多少の微調整をしながら

予算に合わせたプランを決定しました。

 

 

 

 

s-IMG_2819

 

1KD-FTV ディーゼルターボ

 

アクセルワークに違和感があるとの事で、

このエンジンの不安箇所(インテーク系の煤蓄積)を調べます。

 

 

 

マツダ スカイアクティブDとは少し部品配置に差があるので、

蓄積する箇所も変わってきます。

 

http://securityfeed.info/blog/?cat=192

 

 

 

 

 

 

s-IMG_2824 s-IMG_2823

 

 

マツダでは蓄積しないEGRバルブは

トヨタ1KDの場合は煤で経路を塞ぐ場合があります。

 

 

 

今回のチェックではバルブ周辺の蓄積は少なかったですが、

インテークマニホールドには結構な煤蓄積がありました。

 

 

 

おそらくインテークポートなども

煤で経路が狭くなってると思われますが

協議の結果、今回は保留となりました。

 

 

ハイエースにDSCの施工は

ハードルが高いですからね~。

 

 

 

 

 

s-IMG_2944 s-IMG_2950 s-IMG_2951 s-IMG_2948 s-IMG_2949

 

 

EGRバルブは手作業で清掃し、

フューエルエレメントも交換します。

 

 

汚れて真っ黒のフューエルエレメント、

コモンレールディーゼルでは早めの定期交換をオススメします。

 

 

 

 

同時にエンジンマウントも3点交換しました。

結構外しにくい所にあるんですよね~。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_3035 s-IMG_3036 s-IMG_3040 s-IMG_3172 s-IMG_3175 s-IMG_3177

 

 

LLCはラジエターリフレッシャーで圧送式交換。

 

ラジエター・エンジン・ヒーターコア全てのLLCを

エンジンを掛けながら全量交換します。

 

5ミクロン・25ミクロンのダブルフィルターでろ過して、

数十分掛けて交換するんですよ~。

 

 

 

 

デフオイルもガルフ プロガード 75W90

部分合成ギアオイルで交換しました。

 

 

 

s-IMG_2818

 

 

サスペンションとブレーキ関係、

ハブベアリング等もリフレッシュします。

 

 

このあたりは作業重複度が高く、

同時交換がオススメですよ。

 

 

 

 

s-IMG_2953 s-IMG_2955 s-IMG_2957 s-IMG_2958 s-IMG_2960 s-IMG_2961

 

 

 

ハブベアリングASSYは錆が酷いと外れませんが、

SSTやプレスを使用すれば問題なく交換が出来ます。

 

 

またプレスと工具・冶具を正しく使用すれば、

安全で正確な作業も出来るでしょう。

 

 

逆に不正確で間違った取付を行うと、

部品寿命が縮み長持ちしない。

 

 

 

ハブロックナットもSSTを使用して、

規定トルクで締め付けますね。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_2956 s-IMG_2972 s-IMG_2973

 

 

 

ハブ・ナックルを外せば、

ディスクローターも研磨してリフレッシュ。

 

ローター研磨をすれば荒れた面をキレイに均一化し、

ツルツルに磨かれたローター面はガサガサ面になります。

 

 

 

決してツルツルピカピカになるほど、

磨いている訳ではないのですよ。

 

顔が映るほど磨かれたローターは

ブレーキの効きが悪いですからね。

 

 

 

程よくガサガサが良いのです。

 

 

s-IMG_2978 s-IMG_2979 s-IMG_2980

 

 

 

異音の原因になりやすいロアボールジョイントも

もちろん交換しますね。

 

 

 

 

 

s-IMG_2981 s-IMG_2984 s-IMG_2988

 

 

 

ロアアームはブッシュはメーカーに在庫が無かったため、

アームASSYで交換しました。

 

テンションロッドはブッシュのみの交換です。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_2964 s-IMG_2813 s-IMG_2812

 

 

アッパーアームもブッシュがヘタって、

隙間が空いていますね。

 

左右アームASSYを交換しました。

 

 

 

これも結構外しづらいです・・・。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_2993 s-IMG_2994 s-IMG_2996 s-IMG_2999 s-IMG_3012

 

 

 

ブレーキパッドは新品に交換。

 

バックシムはキレイに洗浄してから

WAKO’S BPR 高性能ブレーキパッドグリスを

塗りこみますね。

 

微振動・異音防止にオススメです。

 

 

 

 

研磨したディスクローターは耐熱塗料で軽く塗装します。

 

数キロ走行すればパッドが当った部分だけ

キレイに剥離しますよ~。

 

 

 

 

s-IMG_3026 s-IMG_3027 s-IMG_3028

 

 

 

ATF完全圧送式交換の前に、

ATオイルパンを脱着洗浄します。

 

 

ストレーナーも交換し、鉄粉も除去。

 

液体ガスケットでシーリングしますので、

完全脱脂で慎重に作業しました。

 

 

 

少しでもオイルが付くと、

オイル漏れの原因になりますからね~。

 

 

 

 

s-IMG_3248 s-IMG_3251 s-IMG_3255 s-IMG_3258 s-IMG_3259 s-IMG_3273

 

 

 

そこからアイシンAFW+でイッキに全量交換。

ここまでキレイになりました。

 

少し走行後にレベル調整を行います。

 

 

 

 

s-IMG_3183

 

 

アライメントリフトで各ブッシュを1G締め付け。

 

 

リアのリーフスプリングにブロックを挟んだローダウン車。

 

ハイエースのフロント車高は調整できるので、

リアに合わせた数値でフロント側の車高を調整します。

 

 

 

 

s-IMG_6127 s-IMG_6109 s-IMG_6125

 

 

車高を調整してから

最後にトータルアライメントを調整します。

 

 

ハンター社 最新アライメントテスター ホークアイWA470

http://securityfeed.info/blog/?p=10832

 

 

 

ホイールを傷付けないワンタッチアーム式軽量ターゲットは

非常に便利で装着が早いですね。

 

またこのモデルからターゲットを読み取る

センサーカメラは2倍の4個に。

 

 

ターゲットの動きから補正演算し、

高精度のアライメント数値で測定可能。

 

 

 

 

 

s-IMG_6137

 

 

入庫時の数値を見る限り、

アライメント調整をせずにローダウンしていたようですね。

 

高速安定性も悪く、アッチ向いてホイ状態でした。

 

 

 

高速移動が多いユーザー向けのセッティングで、

バッチリ調整しました。

(かなり走りやすくなったと思いますよ~。)

 

 

 

 

リフレッシュプランは通常の点検整備ではなく、

ある程度の費用をイッキに掛けて行う

トータルメンテナンス作業。

 

 

 

バラバラに個別に作業をするよりも、

作業重複度も考慮しながら整備した方が、

結果的には経済的で良い整備ができるとアナウンスしています。

 

 

 

 

今回のレジアスエースのオーナーさんには、

次回の要整備箇所もお知らせしたので、

 

次の整備機会までに検討してくださいね!とお伝えしました。

 

 

このコンディションと使用環境、

今後のメンテナンス次第では

十分50万キロは目指せるでしょう。

 

 

 

 

 

本日もミナト自動車ブログ 日々是好日に

お越し頂きありがとうございます。

 

GW期間のご予約は満杯ですが、

メールでのお問い合わせは大丈夫です。

 

 

 

 

リフレッシュプランのご依頼・ご予約は、

(HPお問い合わせフォーム)からお待ちしていますね。

 

Happy Car Life!!

 

 

 

2017年4月30日

このページのトップへ