1. TOP
  2. ミナトBLOG

仕事車にはエアコンフィルターはいるでしょ。 そこは省かなくても。

s-CIMG7299_20120702144330.jpg
下半期スタート。
7/1は一日中雨でしたが
今日は晴天。
すこし蒸し暑いです。
s-RIMG1815_20120702144328.jpg
この時期定番のエアコン修理。
冷風の出方がイマイチのようで
いつものガス抜け か
コンデンサーファンの不良と思いましたが
バンパー裏にある高圧パイプの潰れでした
s-RIMG1821_20120702144327.jpg
s-RIMG1822_20120702144326.jpg
高圧パイプ交換の為
一度クーラーガスを回収。
s-RIMG1819_20120702144328.jpg
s-RIMG1825.jpg
エンジンルームの底に
張り付いているだけなので
ササッと交換し
再びガスチャージ。
真空引きから
冷媒充填量700g
充填していきます。
s-RIMG1835_20120702144509.jpg
s-RIMG1845_20120702144507.jpg
ボンゴ、バネットは
乗用車では当たり前の
エアコンフィルターがありません
エバポレーターを確認するために
レジスター取付穴から覗くと
埃でビッシリ塞いでいます。
なぜ取付出来るように設計されていないのでしょうか?
仕事車の方が、埃が多いのでむしろ必要だと思うのですがね。
小型の洗浄機で
エバポを洗い流し。
ガス漏れ確認
性能テスト
s-RIMG1836.jpg
s-RIMG1840_20120702144508.jpg
もともと700g中600gが入っていたので
ガス漏れは無さそうですね。

2012年7月2日

kp.ru

korrespondent.net

youcontrol.com.ua

このページのトップへ