1. TOP
  2. ミナトBLOG

福島県から ハイエースワゴン KZH106W  リフレッシュプラン。  

福島県からお越し頂きました。

 

ハイエース ワゴン KZH106W

ディーゼル 4WD  走行距離91600km

最終型スーパーカスタム リミテッド

 

 

リフレッシュプランのご依頼です。

 

(名変前で神戸ナンバーのままです。)

s-IMG_9635

 

兵庫県でハイエースを購入し、そのまま弊社に入庫。

 

本当はもう少し使用して、

隠れている不具合とかも洗い出してからの

作業開始がベターなのですが。

 

 

 

そうなると福島県と大阪府を3往復・・・。

年齢的にその往復距離はキビシイと・・・。

 

 

そういう事情を考慮して

出来るだけ今回の来店作業で

予算が許す限りの作業をお任せ頂きました。

 

ありがとうございます。

 

s-IMG_9636

 

そうなると整備プランニングが非常に重要。

 

どの部分を整備して、どこを保留にするのか?

・この際に作業したほうが良い部分。

・数年後作業しても良い部分。

 

 

プラン見積を提示して修正に修正を重ね、

少しずつ予算内に収まるように作業しました。

 

 

今回はイッキに部品を発注せず、

作業状況に合わせての部品発注。

 

なんやかんやで1ヶ月のお預かりでした。

 

 

s-IMG_9637

s-IMG_9638 s-IMG_9640 s-IMG_9651

 

・長めの試運転でフィーリングをチェック。

・トータルアライメントで数値の確認。

・スキャンツールと各テスターの点検。

・タイヤを外して各部機構の点検。

 

プラン見積を提示して、OKが貰えれば作業スタート。

 

 

 

s-IMG_9912 s-IMG_9914 s-IMG_9923

 

Tベルトやウォーターポンプ、

カム・クランクシールにサーモスタットの交換。

 

懸念材料のラジエターは

まだ劣化が無かったので今回は保留。

 

フューエルエレメント・ヘッドカバーG/Kも交換します。

 

 

s-IMG_9927 s-IMG_9929 s-IMG_9932 s-IMG_0308 s-IMG_0394 s-IMG_0397
s-IMG_0328
s-IMG_9930

 

次はフロントサスペンション や ハブナックル周り。

 

アッパーアーム・ボールジョイント交換、

ロアアームは純正SSTでブッシュ全打ち替え。

 

 

ハブベアリングの程度良好、

グリス全入れ替えで対応しました。

 

s-IMG_0234 s-IMG_0231 s-IMG_0236 s-IMG_0239 s-IMG_0241 s-IMG_0242 s-IMG_0253 s-IMG_0251
s-IMG_0303 s-IMG_0306

 

 

 

 

ドライブシャフトは右アウター側のブーツ破損。

足回りにグリスが飛び散っています。

 

 

さあどうしよう???

 

s-IMG_0229

 

 

・破損したブーツだけ交換するのか?

・予防整備として左右オーバーホールするのか?

 

 

 

ドライブシャフトグリスも、

長期使用すれば劣化します。

 

また粘度が落ちてシャバシャバになり、

油膜確保が出来なくなる。

 

油膜が切れればB/Gから異音発生。

 

 

 

ここまで分解したので、

左右オーバーホールを行います。

 

 

格安の社外ブーツは使用せず、

純正ブーツセット(グリス付)で交換しました。

 

目指せ20万km!!耐久性重視の選択です。

 

 

s-IMG_0257 s-IMG_0260 s-IMG_0294

 

 

フロントディスクブレーキは酷い状態、

パッド残量はほぼ無くなり、ローター面もピカピカ。

 

 

これでは制動力もガタ落ちですね。

 

ディスローター研磨・パッド交換、

WAKO’S BPRグリスを使用しました。

 

 

s-IMG_9704 s-IMG_9703 s-IMG_0254 s-IMG_0256 s-IMG_0325 s-IMG_0327

 

 

キャリパーもオーバーホール、

ピストンには錆は無く、十分再生可能。

 

 

キレイに洗浄してから、

シール・ブーツを新調しますね。

 

 

s-IMG_0317 s-IMG_0318 s-IMG_0320 s-IMG_0321 s-IMG_0311 s-IMG_0312

 

 

エンジンマウントの3点交換。

 

いろいろ分解している時なら

少し作業スペースが確保されます。

 

 

狭いハイエースのエンジンルームは、

なにかと部品交換が大変なのですよね。

 

 

マウント新旧を比べると、

結構高さが違いますね。

 

s-IMG_0222 s-IMG_0223 s-IMG_0226

 

 

リア アクスルオイルシール&B/G交換。

 

長いシャフトに圧入されたベアリングを、

SSTを使用して分解交換。

 

 

シャフトオイルシールも打ち替えます。

 

 

s-IMG_0561 s-IMG_0567 s-IMG_0568 s-IMG_0570 s-IMG_0571 s-IMG_0565

 

 

 

当然Rブレーキシリンダも

カップシールを交換してリフレッシュ。

 

当りの悪いドラムは研磨して、

ライニングシューも交換します。

 

 

 

ブレーキクリアランス調整と試運転を繰り返し、

絶妙な隙間調整をすると本来の制動力が回復します。

 

逆に言えばリアのブレーキ調整が不十分だと、

フロントに負担が掛かりすぎて制動力は落ちますよ~。

 

s-IMG_9658 s-IMG_9659 s-IMG_0574 s-IMG_0578 s-IMG_0580

 

 

・カーエアコンリフレッシュα for NUTEC NC-200

・ワイパーブレード交換

・ヘッド/フォグライト球全交換

・ATF圧送式交換 for アイシンAFW+

・その他イロイロ

 

s-IMG_0711 s-IMG_0713 s-IMG_0719 s-IMG_0597 s-IMG_0599 s-IMG_0600 s-IMG_0641

 

 

 

ショックアブソーバーはTEMS付のため、非常に高額。

 

後で交換してもハイエースのアライメントに変化はないので、

今後の課題として保留しました。

(上下のナット・ボルトを外すだけの簡単作業ですから。)

 

 

 

1G締め付け後に試運転、

馴染んだところでアライメント調整。

 

 

まずは車高から調整します。

基準値から少しアレンジして調整しました。

 

 

 

 

s-IMG_0587 s-IMG_0589 s-IMG_0590 s-IMG_0595
s-IMG_5776 s-IMG_5787

 

他のリフレッシュプラン車両や

日帰りATF交換・DSCを平行しての作業。

 

なんとか予定通りの1ヶ月預かりとなりました。

 

 

 

 

 

リフレッシュプランの引き受けている時は、

(この車両が自分の愛車なら、どこから整備するか?)

(限られた予算から何を整備して?何を保留にするか?)

 

 

片っ端から交換すれば考える必要も無いのですが、

根拠の無い予防整備をしても意味が無い。

 

 

今回のハイエースは作業範囲が広すぎて、

全てブログでお伝え出来ませんが・・・・。

 

結構悩んだリフレッシュプラン。

(整備士的には、なかなか楽しかったと思います~。)

 

 

Happy Car Life!!

 

s-IMG_5781

 

(お知らせ)

お問い合わせをメールに一本化したのですが、

猛烈な数の受信件数があるので少し返信が遅れ気味です。

スミマセン。

 

 

またマツダsky-D2.2が大規模リコールになったので、

DSC作業のお問い合わせメールも急増中・・・。

 

 

数日以内には返信していますが、

あまりにも遅い場合はどこかで

エラーになっている可能性もありますよ~。

 

(お手数ですが迷惑フォルダ等を一度確認してくださいね。)

 

それでも届いていない場合はお手数ですが

メールもしくはTELにてご相談ください。

 

ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

2017年2月26日

www.baden-medservice.ru

long distance vibrator amazon

https://bestseller.reviews

このページのトップへ