1. TOP
  2. ミナトBLOG

GRS182 クラウンロイヤル  10万キロ前にリフレッシュ。  

大阪府東部からお越し頂きました。

クラウン ロイヤル GRS182  走行距離95000km

 

提案型整備(リフレッシュプラン)のご依頼です。

 

 

 

 

2年前に親族から譲り受けたクラウンを

一度リフレッシュして長く使用したいと

ご相談されました。

 

 

 

 

s-IMG_5711

 

メールにてある程度の不満点・不具合点などをお聞きし、

予約入庫頂いてから問診します。

 

 

 

試運転をしてトータルアライメントの測定。

(入庫時の足回り数値をチェックします。)

 

 

 

排気ガステスト や スキャンツール(G-SCAN)

バッテリーアナライザー等を使用して各部を点検。

 

ボンネットを開けリフトアップし、

タイヤを外して車両コンディションを診てみますね。

 

 

 

 

経験や勘などのアナログ的診断と

アナライザー等を駆使したデジタル的診断。

 

 

これからの自動車整備には、

どちらも必要だと思っています。

 

 

 

s-IMG_5688 s-IMG_8862 s-IMG_8879 s-IMG_8867

 

 

 

排気ガスのHC数値がやや多め。

発電状態やブレーキの消耗度。

アライメント数値からのサス全般の劣化度。

 

 

今回の整備予算から

オススメの整備プランを提案させて頂きました。

 

 

 

(予約メール時には整備予算をお聞きしています。)

(予算が分からないとプランニングの範囲を決めれないので・・・)

 

 

 

家のリフォームと一緒で、

予算を考慮してプランニングしないと

なかなかプランが決まらないものなのですね。

 

 

 

数プラン内容を説明し、

多少の修正をして決定しました。

 

それでは作業を始めます。

 

 

 

s-IMG_9296 s-IMG_8985 s-IMG_8987 s-IMG_8988 s-IMG_9325

 

ディーラーさんではお断りされたATF交換を

全量圧送式でイッキに完全交換。

 

 

プレ洗浄と本命ATFは

どちらもアイシンAFW+を使用しました。

 

 

機械メンテはオイル交換が基本。

劣化しないオイルなんて無いと思いますよ~。

 

 

 

s-IMG_8931 s-IMG_8934 s-IMG_8950 s-IMG_8937 s-IMG_8944 s-IMG_8943 s-IMG_8939

 

 

DSC(ドライアイス・ショット・カーボンクリーニング)

トヨタ直噴ガソリンエンジン(D-4)の

インテーク系に溜まるカーボンを除去作業。

 

 

 

弊社が開発したオリジナル整備メニュー。

 http://securityfeed.info/dsc/

 

おかげさまでレクサス・トヨタGR系直噴エンジンの

定番整備となりました。

 

 

 

 

 

 

ドライアイスの特性を利用して、

カーボンを剥離除去していきます。

 

 

使用するのはグリーンテックJ 社製

ドライアイス洗浄機(DRY-ICE POWER)。

 

 

kkkk

 

 

ドライアイス3mmペレットを

圧縮空気で高速噴射。

 

 

熱収縮と昇華爆発力で剥離します。

 

 

 

s-IMG_8952 s-IMG_8953 s-IMG_8954 s-IMG_8955 s-IMG_8957 s-IMG_8959 s-IMG_8960 s-IMG_8961 s-IMG_8965

 

カッチカチに硬化したカーボンに

ワンショット数秒。

 

カーボンにドライアイスペレットが直撃すれば、

その部分だけがキレイになりましたね。

 

 

 

数種類のノズルを使い分けて、

さらにキレイにしていきます。

 

s-IMG_8969 s-IMG_8973 s-IMG_8975 s-IMG_8977

s-スワール

 

 

 

ブログでお見せしてる画像は全て実際に撮影した画像です。

(汚れたバルブ・ポート内部などなど)

 

 

 

ですがDSCのショット作業風景だけは

見せても差し支えのない最低限の画像のみ。

 

 

実際のショット作業は完全非公開。

 

こればかりはお見せする事が出来ないんですよね~。

(ノズル形状などなどは企業秘密です~。)

 

 

 

 

s-IMG_8871 s-IMG_8868 s-IMG_8886

 

半分以下のブレーキパッド残量と

ディスクローターのレコード盤状の傷。

 

 

停車寸前のブレーキコントロールがしやすくなり、

踏み増ししなくてもキュッを止まります。

 

 

 

 

 

ブレーキパッド交換 と ディスクローター研磨

適材適所のグリスを使用しています。

 

 

 

s-IMG_8912 s-IMG_8909 s-IMG_8911 s-IMG_8907 s-IMG_8908

 

 

ディスクローター研磨後には

パッドを装着して数十キロ走行すれば、

キレイに当りが付くのです。

 

 

s-IMG_8899 s-IMG_8900 s-IMG_9371

 

 

 

 

ショックアブソーバーのリフレッシュ交換。

(R左はオイルの漏れアリ。)

 

 

 

 

今回使用するのはカヤバ製アブソーバー。

 

減衰力調整式ではないグレードのため、

Gas-A-Justをチョイス。

 

 

s-IMG_9374 s-IMG_9375 s-IMG_9376 s-IMG_9377 s-IMG_9379 s-IMG_9381

 

カッチカチになった

ゴム製スプリングインシュレーターも

もちろん交換しましたよ~。

 

 

 

 

 

次はリアも交換します。

 

 

s-IMG_9388 s-IMG_9389 s-IMG_9386 s-IMG_9391 s-IMG_9387

 

 

 

 

 

 

LLCはラジエターリフレッシャーで圧送式交換。

ラジエター・エンジン・ヒーターコア

全てのLLCを交換します。

 

 

エア抜き作業 と LLC再生強化剤の注入し

防錆・消泡を強化しました。

 

 

 

 

デフオイルも交換しますね。

 

 

s-IMG_9473 s-IMG_9479 s-IMG_9485 s-IMG_9492

 

 

 

足回りの1G締め付けをしてから

最後に長めの試運転をして、

トータルアライメントを測定・調整します。

 

 

 

 

 

s-IMG_5692 s-IMG_5693 s-IMG_5691

 

米ハンター社 最新アライメントテスター (WA470 HE421シリーズ)

 

ターゲットをホイールに装着して、20cmほど前進。

 

 

 

s-IMG_5694 s-IMG_5695 s-IMG_5700

 

左・右にハンドルを切れば、

全てのアライメント数値が演算されました。

 

 

s-IMG_5702 s-IMG_5705

 

バラバラだった数値を整えて、

直進安定性重視で調整しました。

 

 

 

これで高速・長距離走行が

走りやすくなったと思います。

 

 

 

 

s-IMG_5689

 

 

GRS180系 クラウン(通称ゼロクラ)

 

まだまだ人気の高い車種ですね。

 

販売終了から10年近くは経ちますが、

正しい整備作業を確実に行えば

かなり新車時に近づける事が出来ると思いますよ。

 

 

 

 

リフレッシュプランのご予約・ご相談は

HP(お問い合わせフォーム)からどうぞ~。

 

 

 

 

http://securityfeed.info/blog/?p=7626

 

・車両現状の不具合や不満点

・お預かり出来る期間

・今回のリフレッシュ整備に掛けれる予算

上記3点も同時に教えて頂けると助かります。

 

 

 

 

それではHappy Car Life!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年2月7日

mystery thriller books

https://swiss-apo.net/fr/produit/lovegra

swiss-apo.net/es/comprar/generico-levitra

このページのトップへ