1. TOP
  2. ミナトBLOG

クラウン 200系 ATF完全圧送式交換 & DSC。   一泊二日で完了します。

 

s-IMG_5504

 

岡山県からお越し頂きました。

クラウン GRS202

走行距離80000km

 

 

 

 

・ATF完全圧送式交換

・DSC(ドライアイス・ショット・カーボンクリーニング)

・その他オプション整備などなど・・・。

 

 

 

一泊二日のお預かり作業になります。

 

 

s-IMG_7776 s-IMG_7775 s-IMG_7778 s-IMG_7781

 

まずはATF交換。

 

オイルパン脱着洗浄・鉄粉除去、

ATFストレーナーも交換します。

 

 

 

 

トヨタ系のATF交換依頼は非常に多いので、

ガスケット・ストレーナーは各ATに合わせて

約25台分ぐらいは常時在庫していますよ~。

 

 

 

s-IMG_7841

 

 

 

オイルパン等を組み立てて、ATFを補充し暖機。

 

GRS202専用アダプターを接続すれば、

密封式ATでも交換効率の高い圧送式交換が可能になりますよ~。

 

 

 

 

 

いよいよココからが圧送式交換。

 

本命ATFを使用する前に

アイシンAFW+でプレ洗浄しますね。

 

 

 

s-IMG_7844 s-IMG_7845 s-IMG_7848 s-IMG_7852 s-IMG_7856 s-IMG_7858

 

 

奥に見える新油モニターと比べれば、やや汚れていますが。

 

 

廃油ビーカーの状態よりは、

かなりキレイになったと思います。

 

 

 

 

s-IMG_5485 s-IMG_7861 s-IMG_7864 s-IMG_7868 s-IMG_7872 s-IMG_7876 s-IMG_7879

 

NUTEC ニューテック最高峰ATF 『NC-65』

全化学合成油(エステル系)

 

 

NC-65に入れ替えて

もう一度圧送式交換をしました。

 

 

キレイに入れ替わりましたね。

 

 

注意

NC-65は薄緑色の為色味が弱いです。

プレ洗浄油の赤色に干渉されやすいので

色までは完全には変わりません。

 

 

 

 

一度冷却して規定温度で

正確にレベル調整をしました。

 

 

s-IMG_7789

 

次はDSC。

 http://securityfeed.info/dsc/

 

直噴ガソリンエンジンの特有メンテになるのですが、

この3GR-FSE D-4エンジンは

インテーク系のカーボン蓄積が非常に多い。

 

 

 

 

現在の直噴エンジンはいかに吸気流をコントロールし、

燃焼室で最適な気流渦を発生させる事が重要。

 

 

ですが経年劣化でカーボンが蓄積すると、

新車時の気流渦が確保できず、

本来の性能が発揮できずにパフォーマンスが低下します。

 

 

s-IMG_7794 s-IMG_7795 s-IMG_7796 s-IMG_7797

 

インテークサージタンク

スワールコントロールバルブを分解し、

問題のインテークポートを覗いてみますね。

 

 

 

s-IMG_7798 s-IMG_7799 s-IMG_7801 s-IMG_7803 s-IMG_7804

 

 

 

内部EGRからの吹き返しによる

インテークバルブのカーボン蓄積。

 

 

ブローバイからのオイル流入も合わさり、

燃焼熱でカッチカチに固着しています。

 

 

 

 

s-bbb

 

 

直噴エンジンは燃焼室に燃料を噴射し、

空気と撹拌させ混合気にして、

燃焼爆発させています。

http://securityfeed.info/blog/?p=5905

 

ですが高圧かつ超微粒子で噴射していますが、

いくら微粒子化してもやっぱり水滴状なのですよね。

(気化ガスの噴射ではない)

 

 

 

 

 

本来は小さな水滴のガソリンが、

外から徐々に気化していくのですが・・・。

 

 

燃焼までの時間が非常に短いので、

一部水滴状のまま高温になります。

 

 

 

 

気化したガソリン → 混合気になり、爆発しパワーが出る。

水滴状のガソリン → 爆発せず、煤になる。

 

 

 

s-スワール

 

 

混合気になって初めて爆発するので、

液体のガソリン単体では高温になっても

煤になるだけで無駄になる。

 

 

 

噴射した燃料を、瞬時に撹拌し混合気に。

 

 

 

 

最適なスワール・タンブル気流渦が出来なくなれば、

設計通りの燃焼は無理だと思いませんか?

 

 

 

kkkk

 

 

エンジンをオーバーホールせず、

短時間で完全にカーボンを除去するDSC。

 

 

弊社オリジナル整備でこの作業が出来るのは、

今のところ世界で弊社だけでしょう。

 

 

 

 

次世代洗浄機 グリーンテック社ドライアイス洗浄機を使用し

ドライアイス3mmペレットを高速噴射して剥離除去します。

http://securityfeed.info/blog/?p=5921

 

 

 

 

 

s-IMG_7807 s-IMG_7814 s-IMG_7808 s-IMG_7809 s-IMG_7811

 

 

ワンショット10秒ほど。

 

DSC特注ノズルを使って軽くショットしてみました。

 

 

 

 

 

ドライアイスが直撃した部分だけ

キレイになりましたね。

 

 

 

これを繰り返して

完全に除去します。

 

 

 

s-IMG_7833

 

今回は大物が捕獲できました。

 

十円玉半分ぐらいあるカーボン片。

 

 

 

ほとんどはショットの衝撃でバラバラになるのですが、

たまに大物が飛び出てくる事もあるんですよね。

 

 

 

 

s-IMG_7817 s-IMG_7818 s-IMG_7820 s-IMG_7821 s-IMG_7823 s-IMG_7824

 

 

何度もショットを繰り返し、

やっとキレイになりました。

 

 

 

 

 

元に組み立てエンジン暖機。

スロットルの清掃し、初期化再学習しました。

 

 

 

s-IMG_7790 s-IMG_7793 s-IMG_7792 s-IMG_7829

 

オプション整備も同時進行、

スパークプラグも交換しました。

 

超寿命高性能プラグ (NGK イリジウムMAX )

 

 

DSCと同時なら作業重複があるので、

工賃はお安く設定しています。

 

 

 

 

s-IMG_7784 s-IMG_7785 s-IMG_7788

 

 

 

デフオイルはNUTEC NC-70 75w90

全化学合成ギアオイルで交換しました。

 

 

 

最後にトルクレンチでマシ締めチェック。

 

 

s-IMG_7886 s-IMG_7888 s-IMG_7889 s-IMG_7890 s-IMG_7892 s-IMG_7894

 

エアコンガスもリフレッシュ。

 

年々減少する冷媒ガスをリセットする

カーエアコンリフレッシュα。

 

 

NUTEC NC-200 コンプブーストの同時注入

コンプレッサーオイルも強化しますね。

 

 

 

平成20年式で新車から8年経過。

 

冷媒ガスは約100gの減少でしたね。

平均的な減り方でしょう。

 

 

エアコンメンテも定期的に。

 

 

s-IMG_7825 s-IMG_7835

 

LLCも交換します。

 

ラジエターリフレッシャーで脈動圧送式交換。

 

エンジン・ラジエター・ヒーターコア

全ての冷却水を入れ替えます。

 

 

 

 

LLC再生強化剤の注入と

エア抜き作業と行いました。

 

 

 

 

 

最後にWAKO’S RECS レックスを施工して完了です。

 

 

s-IMG_7896

 

 

 

当日朝10時の入庫で、翌日15時の納車。

 

ノンストップで作業をしましたが、

コレだけのボリュームの作業を一人で行うと

結構時間が掛かりますよ~。

 

 

 

 

 

 

 

どうせなら大阪観光ついでに

お越しいただければ幸いです。

 

 

目の前にJR阪和線 百舌鳥もず駅がありますので、

大阪繁華街キタ・ミナミにも30分で行けますよ~。

 

 

 

 

ATF交換・DSCの御見積・御予約は、

HP(お問い合わせフォーム)からどうぞ~。

 

 

Happy Car Life!!

 

 

 

 

 

2016年12月19日

cialis pas cher

gel kamagra

levitra dosage

このページのトップへ