1. TOP
  2. ミナトBLOG

『マツダCX-5 DSC 特大号』  ATF圧送式交換 と 煤除去作業。  NUTEC最高峰ATF 『NC-65』 

今回の依頼はスカイアクティブ-ディーゼルの

 

インテークに蓄積する煤(カーボン)除去作業と

ATF圧送式交換。

 

 

 

まずはDSC。

(ドライアイス・ショット・カーボンクリーニング)から。

 

 

 

 

来店して頂いたのは

山口県からは CX-5 シルバー 54000km

福井県からは CX-5 レッド 74000km

 

KE2AWの2台を2日連続で作業させて頂きました。

 

 

s-IMG_6467 s-IMG_6462

 

 

 

まずはシルバーCX-5から

インテーク系をシリンダヘッドのポートが

見えるまで分解しますね~。

 

 

s-IMG_6396 s-IMG_6400 s-IMG_6402 s-IMG_6403 s-IMG_6404 s-IMG_6407

 

 

 

吸気シャッターバルブの煤の蓄積は

予想より少なめですが、

 

インテークマニホールドには

非常にカーボン量が多かったですね。

 

 

煤にオイルが染み込んで、

ネチャネチャ系に固着していました。

 

 

 

 

s-IMG_6468

 

次はレッドCX-5も

同じように分解します。

 

 

 

s-IMG_6474 s-IMG_6487 s-IMG_6491 s-IMG_6492

 

 

こちらの方は吸気シャッターバルブの

ほとんどが煤で塞がれており、

吸気経路は30%以下しか確保していません。

 

 

 

コレでよく福井県から辿り着けたな?と思いますが、

時速100km/h で通常走行出来たそうですよ。

 

 

 

そして不思議な事に

インテークマニホールド内の煤の量は少なめでした。

 

 

s-IMG_6527

 

 

インテークマニホールド内の煤の状態ですが、

シルバーCX-5はネチョネチョ・ダマダマ系の塊が多く、量も多い。

 

逆にレッドCX-5はサラサラ粉末系で量は少なめ。

 

 

 

それではシリンダヘッド側にある

インテークポートを見ましょう。

 

 

 

 

まずはシルバーCX-5から。

 

s-IMG_6410 s-IMG_6411 s-IMG_6413 s-IMG_6415 s-IMG_6420 s-IMG_6421

 

 

入り口の吸気シャッターバルブに煤が少ないのに、

ポート側は非常に煤の蓄積が多いですね~。

 

 

 

 

s-IMG_6427

 

 

 

恒例のホジホジをすると、

ポート内は煤に埋もれてしまいます。

 

 

 

 

 

次はレッドCX-5を見てみると・・・・。

 

s-IMG_6497 s-IMG_6498 s-IMG_6501 s-IMG_6502 s-IMG_6504

 

 

吸気シャッターバルブが塞がるほどあった煤は、

ポート側にはほとんど無くて量も少ないです。

 

 

こう見ると2つの車両は

非常に対照的ですね。

 

s-IMG_6456

 

シルバーCX-5のインタークーラーは

ブローバイオイルの溜まりは少なめ。

 

 

軽く洗浄してキレイになりました。

 

s-IMG_6510 s-IMG_6511 s-IMG_6515 s-IMG_6516 s-IMG_6519 s-IMG_6520

 

レッドCX-5のインタークーラーは

ブローバイオイルの量は非常に多い。

 

 

しかも当日雨の中を走行し

来店したから?

 

 

吸気した湿度の高い空気が

インタークーラーで膨張し冷やされるので

結露の水が非常に多い。

 

 

オイルと混じって乳化してますね。

 

 

洗浄液を大量に使って

内部を洗い流しました。

 

 

 

インタークーラーの汚れ具合をみても、

やはり対照的ですね。

 

 

s-IMG_6425

 

 

 

いよいよドライアイス洗浄を始めます。

 

飛び散ったカーボンがボディに付かないように、

3M社製高性能マスカーで鉄壁ガード。

 

 

 

 

kkkks-IMG_3309

 

 

 

ドライアイス洗浄機に

ドライアイス3mmペレットを投入し、

圧縮空気で高速噴射。

 

 

熱収縮 と 昇華爆発力

 

 

エンジンにノーダメージで

複雑な形状のポート内をキレイに洗浄します。

 

 

 

 

 

ドライアイスが衝突した瞬間に固体から気体に変わりますが、

その膨張率は750倍になりチョットした小爆発。

 

この特性を利用したのがドライアイス洗浄。

 

s-IMG_6428 s-IMG_6430 s-IMG_6432 s-IMG_6434 s-IMG_6436 s-IMG_6437 s-IMG_6438

 

 

 

 

軽~くショットすれば

ドライアイスペレットが直撃した部分だけ

煤が剥離しましたね。

 

 

 

数種類のDSC特注ノズルを使い分けて、

インテークバルブ・ポートを完璧に洗浄します。

 

 

 

 

s-IMG_6529 s-IMG_6530 s-IMG_6531 s-IMG_6532

 

 

4気筒8ポート X2台分

全てキレイに除去しました。

 

 

 

 

 

s-IMG_6541 s-IMG_6544 s-IMG_6545 s-IMG_6551

 

 

インテークマニホールド と 吸気シャッターバルブも

ドライアイス洗浄でキレイにします。

 

 

 

マニホールド内は複雑な構造なので、

手作業でキレイにするのはほぼ無理。

 

ネチョネチョ・モソモソの煤が纏わりついて、

行く手を阻みます。

 

 

 

 

 

吸気シャッターバルブは電子制御モーターがあるので、

水やケミカル系はNG。

 

 

ドライアイス洗浄ならノズルと各流量を調整をすれば、

繊細な電子バルブでも問題なくキレイに出来るのですよ。

 

 

 

 

 

精密金型から電子基盤までを洗浄するために、

開発されたのがドライアイス洗浄機ですから。

 

 

これぐらいは余裕で洗浄できるのです。

 

 

s-IMG_6553

 

 

 

レッドCX-5はATF圧送式交換も同時に作業しました。

 

 

sky-Dr専用の特製アダプターを接続し、

まずはプレ洗浄を行います。

 

 

 

sky-Dr用のプレ洗浄ATFでイッキに全量を交換します。

 

 

s-IMG_6556 s-IMG_6558 s-IMG_6559 s-IMG_6562 s-IMG_6565 s-IMG_6566

 

 

真っ黒だった劣化したATFは、

ほぼほぼキレイになりましたね。

 

 

 

 

本命ATFを使用する前に、

AT内部をキレイにしておきます。

 

 

 

s-IMG_5368

 

NUTEC ニューテック 『NC-65』

 

NUTEC最高峰のATF

全化学合成ハイパフォーマンスATF(エステル系)

 

 

 

 

もともと輸入車 大排気量エンジン搭載車の

多段ATやDCT用に開発されたNC-65。

 

極薄で強靭な油膜性能は高トルクのエンジン出力を

ATでロスせずそのままタイヤへ伝えます。

 

 

 

 

またギアや湿式クラッチを守るため、

極限まで油膜を強化しています。

 

 

 

おそらく市販品ATFでは最強でしょう。

(お値段はビックリですけど・・・・。)

 

 

もう一度イッキに全量交換しますね。

 

 

s-IMG_6570 s-IMG_6572 s-IMG_6578 s-IMG_6580 s-IMG_6583 s-IMG_6585

 

キレイに入れ替わりましたね。

 

 

注意

NC-65は薄緑色の為色味が弱いです。

プレ洗浄油の赤色に干渉されやすいので

色までは完全には変わりません。

 

 

 

 

最後にATFのレベル調整。

 

 

年間数百台のATF交換をしているので、

レベルゲージなしのATでも問題なく作業可能。

 

 

 

 

試運転をして各学習値をリセット、

納車となりました。

 

 

 

s-IMG_6458

 

シルバーCX-5のユーザーさんは

毎日の通勤で短距離走行(10分)が多め。

 

煤が蓄積しやすいと言われる使用状態でした。

 

 

 

 

s-IMG_6592

 

ですがレッドCX-5のユーザーさんは

 

俗に言われている

・短距離走行を繰り返す。

・渋滞が多くノロノロ運転が多い。

・緩やかな運転であまり飛ばさない。

 

などには一切該当せず、

地元ディーラー担当の方にも相談したそうですが

レッドCX-5さんは(煤が蓄積しやすい運転ではない)

と言われたそうです。

 

 

 

もちろん普段からオイルとエレメントは

純正品で定期的にディーラーにて交換。

 

 

 

s-IMG_5400

 

 

 

納車後の翌日にレッドCX-5の方から

お礼のメールとレビューも頂きました。

 

<エンジン>

・アクセル操作の感度が良くなり、

加速がしやすく新車時の感覚を思い出した。

 

・特に右足親指の微調整でアクセルワークが出来る。

リニアな加速で以前のように踏み込むと加速に驚く。

(タイムラグが無い)

 

 

・またアイドリング時や走行時の

エンジン音も静かになった気がする。

 

 

ディーゼルは空気を吸ってナンボのエンジン。

吸いづらくなれば出力は低下します。

そこに環境のために仕方なく流入させているEGRとのバランスが

崩れればより出力は落ちるでしょう。

 

 

エンジン音も当然で

掃除機の吸い口を塞げば音が大きくなりますよね。

それと理屈は同じです。

 

 

このsky-DエンジンのDSCを実施した方の多くのレビューを

統括するとこんな感じになりますね。

 

 

 

s-IMG_6553

 

 

次に<ATミッション>

・ギクシャク感がなくなり、非常にスムーズな印象。

・予想以上に体感できた。

 

 

 

sky-Dr6速ATミッションを数十台ほど試乗した私の感想は

シフトフィーリングが荒く、スムーズではない方かなぁ~と。

 

GRS系クラウンの6速ATは数百台以上試乗してきましたが、

それに比べると荒さが気になりますね。

 

 

それでも熱劣化したATFを入れ替えて内部を洗浄し、

NUTEC NC-65を使用すれば

違いはスグに分かると思います。

 

 

 

帰宅時の運転が以前よりもスムーズになり、

楽しく運転する事が出来ました。

 

周りのCX-5オーナーにもこの感想、感触を伝えようと思います。

これからもよろしくお願いします。本当にありがとうございました。

 

 

こちらこそありがとうございました。

また何かありましたらどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

というわけで・・・。

最後までブログを見て頂きありがとうございます。

 

マツダ CX-5 DSC&ATF交換の作業と

レビューをお知らせしました。

 

 

Happy Car Life!!

 

 

 

 

2016/11/25 追記

山口県シルバーCX-5さんもこのブログを見て頂いたようで、

納車4日後にレビューをメールで教えてくれました。

 

・納車後すぐに感じたのはアクセルのツキが良くなった。

・いわゆる(ドッカンターボ)状態が改善された。

・先月エンジン不調になりディーラーにてインジェクター交換、高回転が少しは良く回るようにはなったのですが、DSC後は出力に谷間が無く、さらにストレスなく回ります。

・メーター読みで往路(ほぼ高速走行)より、復路(高速&下道走行)のほうが約1.7km/Lほど燃費が改善しました。

・おかげさまで車の調子も良くなり、エンジン内部の状態もはっきりし、感謝しております。

 

 

 

 

こちらこそご利用ありがとうございます。

やはりsky-DのDSCを実施された方の感想は皆さん同じですね~。

 

 

 

sky-DのDSCだけじゃなくて、

・ブレーキの効きの甘さ・タッチの違和感。

・ショックアブソーバーの劣化による乗り心地悪化。

・ATFの熱劣化によるシフトフィーリング低下。

・トータルアライメントのズレによる直進安定性の低下。

 

機械を使用すれば相応に劣化します。

そして正しい整備をしてあげれば、本来の性能は回復します。

 

 

回復させる整備技術を今後も勉強していきますので、

これからもどうぞ宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

2016年11月23日

www.baden-medservice.com

profvest.com

www.misterroof.net

このページのトップへ