1. TOP
  2. ミナトBLOG

大阪からはホンダ エリシオンにリフレッシュプラン。  中古車購入後の整備方法。

大阪府北部からお越し頂いたのは

ホンダ エリシオン RR1

19年式 98000km

 

 

 

 

ユーザーさんが希望する整備と

点検結果から弊社が推奨する整備。

 

 

予算に合わせたオススメ整備プラン

で愛車を再生させる

リフレッシュプランのご依頼です。

 

 

s-IMG_5135 (2)

 

 

メールからのご相談では最近に中古購入されたようで、

本格的な整備してから使用予定だそうです。

 

 

中古車購入時の納車整備では、

少し心許ないと思われる方はどうぞご相談くださいね。

 

 

 

 

 

問診から始めると

お仕事メインでの使用予定で・・・・。

 

年間走行距離も多く、主に高速道路の移動が中心。

 

 

s-IMG_4937 s-IMG_4942 s-IMG_4950 s-IMG_4951

 

 

試運転をしてから排気ガステストで、

エンジン燃焼状態をチェック。

 

 

排気ガスは非常に良好でした。

 

 

 

スキャンツールを接続し、

エラーコードはもちろんですが

各ライブデータもチェックします。

 

 

最新ハンター社ホークアイ アライメントテスターで測定して

サスペンション関係の劣化度も判定します。

 

 

 

 

s-IMG_4947

 

リフトアップしてタイヤを外し、

エンジン・ミッション・足回りなどなど。

 

 

点検してから整備プランの見積りを制作。

 

お客様と協議・相談をして

プラン内容を決定します。

 

 

 

s-IMG_5154 s-IMG_5155 s-IMG_5159 s-IMG_5161 s-IMG_5163

 

 

年間走行距離が4万キロだとお聞きしたので、

スパークプラグ交換 と スロットル&ISCV清掃。

 

 

超寿命高性能プラグの『NGKイリジウムMAX』

 

劣化したプラグを使い続けると、

イグニッションコイルが負担が増えますよ~。

 

 

 

エンジン回転数の安定化に

スロットルボディのISCVを分解清掃。

 

 

 

予防整備も重要ですね。

 

 

 

s-IMG_5166 s-IMG_5168 s-IMG_5171 s-IMG_5174 s-IMG_5175

 

 

 

エアエレメントも同時に交換しますね。

 

 

 

s-IMG_5176 s-IMG_5181 s-IMG_5182

 

 

他社にて車検に合格したばかりだそうですが、

リア スタビリンクロッドのブーツ破損。

 

 

車検不合格のはずなので、今回交換しておきます。

(弊社のチェックは厳しいですよ~。)

 

 

 

s-IMG_5250 s-IMG_5254 s-IMG_5256

 

 

リアのアライメント数値は大幅なトゥアウト。

片減り変磨耗が酷く、タイヤはNGです。

 

 

 

純正17インチから

純正インチアップホイールの18インチに交換して、

トーヨー トランパスMPZ に装着しました。

 

 

s-IMG_5152 s-IMG_5149 s-IMG_5153 s-IMG_5136

 

 

 

フロントサスペンションアームのブュシュが劣化

キャンバー・キャスターを決める重要な部品です。

 

ブッシュ交換ではなく

左右アームASSYで交換しました。

 

 

 

 

s-IMG_5146 s-IMG_5147 s-IMG_5148

 

 

異音が発生しやすい

右ドライブシャフトの中間ベアリング。

 

 

サスアームと同時に交換した方が作業重複度が高いので、

予防整備で交換します。

 

 

s-IMG_5261 s-IMG_5265 s-IMG_5270 s-IMG_5276 s-IMG_5277 s-IMG_5279

 

 

ATF交換も行いますね~。

 

アイシンAFW+でまずはプレ洗浄し

本命ATFを使用する前に、AT内部をクリーニング。

 

 

 

オイルパン構造の無いホンダ社ATは、

汚れを蓄積させないのが重要ですね。

 

 

s-IMG_5095

 

 

本命ATFにはNUTEC ニューテック 『ZZ51改

全化学合成ハイパフォーマンスATF (エステル系)

 

 

高温・高回転・高負荷時にも耐えられ、

高い油膜性能を発揮します。

 

 

ハイエンドATFのNC-65が低粘度仕様なら、

ZZ51改は標準粘度のセッティングです。

 

 

 

 

ちなみに車両重量2t近いエリシオンは、

ATFの負担は非常に大きいのですよ~。

 

 

 

 

 

s-IMG_5280 s-IMG_5283 s-IMG_5286 s-IMG_5295 s-IMG_5303 s-IMG_5306

 

 

ここまでキレイになれば

次回推奨交換時期は5万キロ以上。

 

 

 

全化学合成ATFを使用しての全量交換は、

高性能が長く続くロングライフ化。

 

頻繁に交換しないATFには有効ですね。

 

 

 

s-IMG_5196 s-IMG_5198 s-IMG_5200 s-IMG_5204

 

 

LLCも全量圧送式交換。

 

 

ホンダ 青スーパーLLC用のラジエターリフレッシャーで、

エンジン・ラジエター・ヒータコアのLLCを交換しました。

 

 

 

s-IMG_5331 s-IMG_5332 s-IMG_5333 s-IMG_5335 s-IMG_5340

 

 

エアコン冷媒ガスをリフレッシュ。

 

デンゲン社エコマックスJrで、

全量回収再生充填します。

 

 

規定充填量より150g少なかったですね。

 

 

全回収で真空引きし

規定量((725g ±25g)まで再チャージ。

 

 

 

s-IMG_5126 s-IMG_5108 s-IMG_5104

 

 

 

最後に試運転をしてから、アライメントを再測定。

 

リア側の車体下に潜り込み、

リモコンの数値を見ながら調整します。

 

 

それが終わればフロント側の調整。

 

 

 

 

直進安定性重視でタイヤに優しい

アライメント数値に調整しました。

 

高速道路走行が楽になると思いますよ~。

 

 

 

 

次回の整備機会には

ショックアブソーバーのリフレッシュもお話しました。

 

 

 

s-IMG_5144

 

 

弊社のリフレッシュプランには、

トータルアライメント測定・調整は含まれています。

 

 

 

まずは入庫時に1回目の測定。

 

この時の(アライメント数値) と

(足回りの点検)から車両コンディションを診断し、

総合的な整備プランを決めています。

 

 

 

足回り関係の作業が完了したら、2回目の測定&調整。

 

 

『何が悪くて ・ 何を整備して ・ どうなったか。』

こうする事によって入庫前と納車時の違いが

数値で分かりますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

排気ガステスター・バッテリーアナライザー。

スキャンツール・アライメントテスターなどなど。

 

 

これらの測定器はアナライザーとして活用し、

最適な整備プランを提案。

 

その為にはアライメントは2回測定する必要があるのですね。

 

 

 

 

 

そして測定スピード&精度が非常に良い

ハンター社ホークアイ WA470は弊社の武器になってくれるでしょう。

 

 

 

 

s-IMG_5102

 

 

新車から使用しているが、

そろそろ本格的な整備をしてリフレッシュしたい。

 

中古車購入で整備暦が分からないため、

リフレッシュ整備をしてこれから使用したい。

 

 

そんな方には提案型整備『リフレッシュプラン』を

どうぞご利用くださいね~。

 

 

 

 

 

それではHappy Car Life!!

 

 

 

 

2016年11月4日

best movie on amazon prime

best amazon shows

Лечение рака легких в Германии

このページのトップへ