1. TOP
  2. ミナトBLOG

ハイエース 200系ディーゼル4WD  リフレッシュプラン 第4部。   自社ブログとして作業公開する重み。

前前々回から続く

ハイエースのリフレッシュプランの長編ブログ。

 

長々と続き、最終の第四部になりました。

 

 

第一部 http://securityfeed.info/blog/?p=10463

第二部 http://securityfeed.info/blog/?p=10523

第三部 http://securityfeed.info/blog/?p=10530

 

 

 

s-IMG_2110

 

ハイエース KDH206 ディーゼル 4WD

走行距離17万キロ

 

 

 

最後は完全ATF圧送式交換 と カーエアコンリフレッシュα。

 

 

 

 

ATFをチェックしてオイルパンを外します。

 

s-IMG_1946 s-IMG_1947 s-IMG_1948

 

17万キロ無交換にしてキレイな部類ですが、

鉄粉量も多くATFは完全に劣化していますね。

 

 

s-IMG_1949 s-IMG_2078 s-IMG_2079

 

 

純正ATFストレーナーも交換。

 

キレイに洗浄したオイルパンに

耐油・耐熱液体ガスケットの塗り込み。

 

 

 

組み付け後、ハミ出さない為には

最低限の量で的確に塗りますね。

 

 

 

s-IMG_2225

 

 

ガスケット硬化後にATFを補充。

 

完全暖機後に

全量イッキに圧送式交換します。

 

 

 

 

s-IMG_2230 s-IMG_2232 s-IMG_2234 s-IMG_2236 s-IMG_2238

 

アイシンAFW+で規定容量分のプレ洗浄完了。

 

旧ATFに比べるとかなりキレイになりましたね。

 

 

 

ここから20分ほどアイドリングし、

もう一度AFW+ で圧送式交換します。

 

 

 

 

s-IMG_2242 s-IMG_2244 s-IMG_2246 s-IMG_2249 s-IMG_2252 s-IMG_2254

 

 

 

ここまでキレイに交換すれば、

次回交換推奨時期は4万キロ。

 

 

 

ATFは必ず劣化しますので

定期的に交換しましょう。

 

 

 

s-IMG_2255

 

カーエアコンリフレッシュαで冷媒ガス点検。

 http://securityfeed.info/blog/?p=331

 

年々減少する冷媒ガスを一度全回収し、

規定容量まで再チャージ。

 

 

同時に劣化しているコンプレッサーオイルも補充します。

 

 

 

 

s-IMG_2258 s-IMG_2257

s-IMG_2259

 

 

カーエアコン整備機器NO、1メーカー デンゲン社製

全自動冷媒回収再生充填装置 『エコマックスjr』

 

 

補充するACオイルはNUTEC ニューテック 『NC-200』

エステル系化学合成オイルを使用した高性能AC添加剤。

 

 

 

s-IMG_2260

 

 

規定冷媒量700gに対し、回収できたガスは 550g

150gほどの少なかった事が分かりましたね。

 

 

 

エコマックスJr は回収も充填も 重量管理。

 

 

冷媒は多くても少なすぎても

エアコンの効きが悪くなるのですよ~。

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで数回に分けて紹介した

ハイエースのリフレッシュプラン。

 

 

数週間の整備預かり中に

心配していたエンジン警告灯の点灯もなく、

 

もう再発はなさそうですね。

 

 

 

無事納車となりました。

 

 

s-IMG_1945

 

 

第一部の冒頭で説明した

詳しい事が書けない理由は、

ネット社会特有の犯人探しが始まるからで・・・。

 

 

 

 

実際に自動車整備をしていると、

前回作業者の不手際が見えてきて

 

『これはダメだなぁ~』と思いながら

基本的にブログアップする事はないのですが・・・。

 

今回のハイエースを整備していると

コレはチョット酷すぎるな~と。

 

 

 

 

 

 

 

・エンジン不調の診断根拠が全くない見積り。

・親切心からの間違った整備方法 と 不具合発生。

 

自分が一般ユーザーなら途方に暮れるでしょう。

 

 

 

 

 

私自分の整備方法や考え方が

一番正しいとは思わないですし、

間違っている事もあるかもしれません。

 

 

 

そのあたりは私も日々勉強するしかないですから、

反面教師・反面教師。

 

 

 

 

 

 

自社の看板を背負ってブログ公開する事は

いろんな意味でコワイ事だなと思っていますが、

 

(見えない・聞けない整備)はユーザー側もコワイので、

これからも弊社の作業内容や理由根拠は

入庫・納車時には説明していきたいと思います。

 

 

Happy Car Life!!

 

 

 

2016年8月28日

look steroid-pharm.com

www.cfax.jp

www.thailand-option.com/

このページのトップへ