1. TOP
  2. ミナトBLOG

スカイアクティブD 2.2  インテークの煤蓄積。  続編記事のその前に。

一ヶ月前にブログで紹介した

マツダ アテンザGJ系 スカイアクティブDのDSC作業。

 http://securityfeed.info/blog/?p=9900

 

 

いつも通り依頼作業を紹介したのですが、

どういう訳か反響が大きく少し騒ぎになったようです。

 

 

2ch・まとめサイト

個人ブログ

ツイッター

価格コム  などなど。

 

 

地方都市の小さな自動車整備工場の作業ブログが

ここまで拡散するとは予想外でしたが・・・。

 

 

そんな時代なんでしょうねと納得した6月でした。

 

 

 

 

s-cx-5

 

 

騒動落ち付いた時に第2弾のDSCを紹介しようとしていたが、

某自動車評論家が無断でリンクを貼り付けたので

またまたアクセスが急上昇。

 

 

これが落ち付くのを待っている状況です。

 

 

 

 

 

拡散されたサイトのコメントなどを見てみると、

 

メーカーのマツダに弊社が怒られているのでは?

法的処置を取られてるのでは?

 

と心配して頂きまして申し訳ない。

 

 

 

 

 

 

そもそもマツダさんからは何のお連絡もないですし、

お叱りの言葉も全く無いし・・・。

 

 

そもそも怒られる事は何一つしていないですし、

マツダさんが怒る事でもないですし・・・。

 

 

s-IMG_8472

 

そもそもアテンザのDSC作業は、

ユーザー様からの疑問からが始まり。

 

 

ディーラーさんでは解決策が見つからず、

イロイロ検索してミナト自動車にたどり着いた。

 

 

弊社独自技術のDSCで何とか解決できないか?と

相談されたのがあのアテンザDSCのブログなんですね。

 

 

 

 

s-IMG_8608

 

スカイアクティブDに対してのDSC作業は、

全てのスカイアクティブDユーザーがしなくてもイイと思っています。

 

 

 

トヨタ・レクサスに搭載する

V6 GRエンジンのために独自開発したDSC。

 

 

何十万台と市場にリリースされているエンジンですが、

DSCを依頼する方は5000人に1人ぐらいでしょう。

 

整備理解度が高い層の方で非常に特殊ユーザーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スカイアクティブDも同様で

特に故障でもなく

 

燃費を普段から計測していなければ、

繊細じゃなければ気が付かない?症状を、

 

敏感に察知し違和感を覚え、

それなりの費用を掛けてでも愛車を改善したい。

 

 

 

 

新車時のアノ性能にとり戻したいというユーザーは、

数千人に一人しか存在しないと思います。

 

やはり特殊な層のユーザーなんですよね~。

 

 

 

 

 

もちろんオイル・O/E交換は純正品を、

交換サイクルはメーカー推奨以上の頻度などという

メンテナンスは当然されています。

 

使用方法もごくごく普通でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

aaaa

 

s-無題2

 

 

 

過去のブログからでもわかるように、

 

もともとミナト自動車にメール予約し

北は東北・南は九州から来店される方は、

 

ほとんどがそんな層の方ばかりで

なるべく(車に費用を掛けたくないというユーザー)ではないのですね。

 

来店の往復交通費だけでも数万円掛かりますから。

 

 

 

 

 

 

そんな特殊なユーザーさんと

地方都市の片隅で営業している特殊な整備工場。

 

 

 

 

探さなければ見つからない弊社ブログが、

なぜか知らない第三者に拡散されて

 

特殊ではないユーザーの方々が見て

ビックリしたという今回の騒動。

 

 

 

 

ネット社会なのでこんな事は起きて当然かな。

良くも悪くもそんな時代なんだと思っています。

 

 

 

 

前置きが長くなりましたが、

次回ブログは日本海側からはるばるお越し頂いた

マツダ CX-5 ディーゼルのDSC作業を紹介しますね~。

 

 

 

乞うご期待!!

Happy Car Life!!

 

 

 

2016年7月8日

このページのトップへ